• ホーム
  • 当院のコンセプト
  • Dr・スタッフ紹介
  • 院内のご紹介
  • アクセス・診療時間

お悩み別メニュー

診療案内

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 訪問歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 歯を失った方へ
  • 矯正歯科

デンタルエステ

STAFF募集

口腔ケア新聞

虫歯

虫歯の進行段階とその治療法

虫歯とはミュータンス菌のつくる歯垢(プラーク)によって歯が溶かされてしまう病気です。
虫歯は怪我などとは違って自然に治ることがなく、放っておくとどんどん悪化してしまいます。
そのため、治療として歯を削ることになります。でもなるべくなら歯は削りたくはないですよね?
そこで、まずはお口の中の衛生管理をしっかりと行い、これ以上、虫歯や歯周病が悪くならない環境を整えることをお勧めします。
悪くなってしまったところは最小限の治療を行いましょう。
虫歯は通常、程度によってC0~C4に分類されます。

CO:脱灰
自覚症状はなく、痛みもありません。
この段階の虫歯は適切なブラッシングと予防処置により、再石灰化して治ります。
C1:歯の表面(エナメル質)の虫歯

エナメル質を削った状態 CR(コンポジットレジン)というプラスチックを詰めて治します

痛みはありませんが、放っておくと虫歯が悪化してしまう状態です。
この段階の虫歯はエナメル質を削り、CR(コンポジットレジン)というプラスチックを詰めて治します。
C2:歯の中(象牙質)の虫歯

治療は虫歯の部分を削り、詰め物(インレー)で保護します

冷たいものや甘いものを食べたり、飲んだりしたときに、しみたり、痛んだりする段階です。
治療は虫歯の部分を削り、詰め物(インレー)で保護します。
>>より審美的な治療についてはこちら
C3:神経まで進行した虫歯

神経の治療後、被せ物(クラウン)を装着するのが一般的です

この段階までくると、激しい痛みを感じます。
この段階では神経をとる治療が必要となります。
神経の治療後、被せ物(クラウン)を装着するのが一般的です。
>>より審美的な治療についてはこちら
C4:歯の根まで進行した虫歯
歯の根まで虫歯が進行すると、化膿して膿がたまったりします。
最悪の場合、抜歯が必要となります。抜歯後の選択肢としては入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがあります。
>>入れ歯・ブリッジ・インプラントについてはこちら

虫歯治療の痛みを少なくするために

当院では虫歯治療の痛みを少なくするための麻酔をご希望に応じて行います。
「麻酔をする時も痛い」ということが少しでもなくなるよう以下のことに配慮して行います。

細い針を使います
注射針にもいろいろ種類があります。当院では一番細い針を使用して麻酔を注入しています。
痛点を避けるという観点からいって細い針であればあるほど痛みは感じにくくなるといえます。
ゆっくり時間をかけて注入します
かなり強い圧をかけなくては骨膜の下に麻酔液を入れる事はできません。
ただその圧力をかけて なるべくゆっくり少しづつ注入します。
少しでも痛くないように注射液を温めます
注射液を体温と同程度に温めておきます。夏場はそうでもないでしょうが特に冬は注射液の温度も下がってきます。すると注射液と体温の温度差で痛みが起こる事があります。
この装置は大きな効果はないかとも思いますが少しでも患者さんが痛くないようにと思い行っております。
このページの先頭へ

小児歯科

むし歯ゼロへ、健やかな成長を一緒に見守っていきましょう

健やかな成長を一緒に見守っていきましょう

子どもには虫歯で苦労させたくないというのは、親御さんの思いのひとつではないでしょうか。
ところが、毎日同じように歯ブラシをしていても、虫歯に“なりやすい子”と“なりにくい子”がいるのはなぜでしょう?
まず、お子さん、そして親御さんにもむし歯の原因を知っていただき、お子さんそれぞれに合った適切な予防プログラムを実践していただくことで、お子様の歯をむし歯になりにくくするお手伝いをいたします。

お母さん、お父さんのお口チェック

お母さん、お父さんのお口チェック

小児歯科は、お子様がお腹の中にいる時から始まっています。
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はほとんどいません。
ところが、乳歯が生え揃い、食事形態が変化する1歳半から2歳半の時期に虫歯菌が感染しやすく、この時期は“感染の窓”と呼ばれているのです。
この時期にいかにお子さんに虫歯菌を感染させないかが、むし歯になりにくい口内環境を作るポイント。口移しで食べ物を与えない、スプーンの共用を避けるのはもちろんの事、一番大事なのは、ご両親がご自分のお口をきちんとケアして虫歯菌を減らしておくことです。
まずはご両親の歯科検診から始めましょう。

このページの先頭へ