• ホーム
  • 当院のコンセプト
  • Dr・スタッフ紹介
  • 院内のご紹介
  • アクセス・診療時間

お悩み別メニュー

診療案内

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 訪問歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 歯を失った方へ
  • 矯正歯科

デンタルエステ

STAFF募集

口腔ケア新聞

歯を失った方へ

入れ歯・義歯インプラント

入れ歯・義歯

入れ歯・義歯

歯を失ったときの選択肢としては、義歯(入れ歯)、ブリッジ、インプラントなどがあります。
患者様の症状によっては選択できない治療法がある場合もありますが、それぞれの治療法の特徴をよく理解し、ご自身のご希望ともっとも合う治療を受けてください。
ここでは義歯(入れ歯)とブリッジについてご説明します。

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯の特徴

  • 保険診療内での治療が可能です。
    (保険適用外の部分入れ歯もあります。)
  • ブリッジのように歯を削る必要がありません。
  • 毎日ケアする必要があります。
  • 金属のバネで固定するので、異物感があり、外見上目立ちます。
  • 土台の歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める可能性があります。

総入れ歯

総入れ歯

総入れ歯の特徴

  • 保険診療内での治療が可能です。
    (保険適用外の総入れ歯もあります。)
  • 毎日ケアする必要があります。

総入れ歯を作製するときのポイント

  • 咬合力 正確に型を採ることにより、咬める入れ歯を作製します。
  • 粘着性 入れ歯の装着感が違います。
  • 自然な顔つき 合わない入れ歯をしているとご自分の歯があったときと比較して顔つきが不自然になります。
  • 話やすさ 食事のしやすさだけでなく、会話を楽しめることも大切です。

いろいろな入れ歯(こちらの入れ歯は保険適用外になります。)

金属床義歯

金属床義歯

金属床義歯は、保険適用外の入れ歯です。

金属床義歯の特徴

  • 金属床義歯は薄くすることができるため、違和感が少なくなります。
  • 熱を伝えやすいため食事の暖かさや冷たさを感じることができます。
  • チタン床義歯は非常に軽く、金属アレルギーの心配もないのが特徴です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーと呼ばれる金属のバネを使用しない部分入れ歯です。 保険適用外となりますが、審美性はもちろん、機能性の面でも通常の部分入れ歯よりも優れています。

ノンクラスプデンチャーの特徴

  • 柔軟性の高い材質により薄い仕上がり、お口の中が快適です。
  • 装着したときは入れ歯の色調が同化しているため、一目では区別がつきません。
  • 金属のバネがないので金属アレルギーの心配もありません。

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジとは両隣の歯を削り、人工の歯をかぶせる治療法です。

ブリッジの特徴

  • 保険診療内での治療も可能です。(入れ歯よりは費用がかかります。)
  • 金属のバネがないので、入れ歯よりも装着時の異物感が少なく、見た目も自然です。
  • 入れ歯よりもしっかりと噛むことができます。
  • 両隣の健康な歯を削らなければならず、入れ歯同様土台の歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮めてしまいます。
このページの先頭へ

インプラント

インプラント治療とは?

インプラント 歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。
歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。
歯を1本失った場合、両隣の健康な歯を削って人口の歯をかぶせます。
これが、ブリッジと呼ばれる治療法です。
奥に歯がない場合、金属製のバネで入れ歯を支えます。

噛むという行為は、想像以上に強い力を、歯とあごにかけています(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われています)。
ブリッジでは1本あたりにかかる荷重は約1.5倍になります。削られた歯は傷みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。

歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。
また、残っている歯根が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯は次第に合わなくなり、何度も作り直す必要が出てきます。

失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、今日行われているインプラント(人口歯根)療法です。
この治療法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。
あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラントのメリット
  • 天然歯のように顎の骨に固定するので違和感無しで噛むことができます。
  • 噛む力は天然歯に近く回復することができるので、固いものを気兼ねなく噛むことができます。
  • 隣の歯を削る必要はありません。
  • 見た目は天然歯そのものです。
  • 1本1本にかかる噛む力が分散され、リスクの分散が出来ます。
インプラントのデメリット
  • インプラントを埋め込むには抜歯と同程度の手術が必要になります。
  • インプラント治療は、重度の糖尿病等、全身の疾患がある場合や骨粗しょう症のかたには治療できない場合があります。
  • インプラントを維持する為には十分な口腔衛生の管理と定期的な検診を必要とします。
  • インプラント治療は現在、保険に適応しないため、他の治療方法より治療費が高額になります。
  • インプラント治療は、口腔内の衛生状態が悪かったり、骨の量・密度が足りない場合付帯手術(有料)が必要な場合があります。
  • 治療期間が他の治療に比べ、長くかかります。(入れ歯1~3ヶ月/ブリッジ約1ヶ月/インプラント2~6ヶ月位)

インプラントQ&A

治療期間はどのくらいですか?
個人差はありますが、一般的に2ヶ月から6ヶ月程度です。
インプラントを埋入する部位にもよりますので、担当医にご相談ください。
費用はどのくらいかかりますか?
インプラント治療は現在保険治療が行えません。
使用する本数や種類などによって異なりますので、詳しくは担当医にお尋ねください。
治療はだれでも受けられますか?
顎の骨が完成する18歳前後から、お年寄りまで健康な方であればどなたでも可能です。
ただし、妊娠中の方や全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、ご相談ください。
一度入れたインプラントに寿命はありますか?
患者さんのお口の衛生状態によって変わりますが、きちんとお手入れをすれば長持ちしますし、
逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。
長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、指導してもらいましょう。
インプラント治療後、食べ物などの制限はありますか?
インプラントは顎の骨と結合し、丈夫な土台となりますので、自分の歯と同じように固いものでも
しっかりと噛むことができますので、入れ歯のような制限はなくなります。
このページの先頭へ