• ホーム
  • 当院のコンセプト
  • Dr・スタッフ紹介
  • 院内のご紹介
  • アクセス・診療時間

お悩み別メニュー

診療案内

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 訪問歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 歯を失った方へ
  • 矯正歯科

デンタルエステ

STAFF募集

口腔ケア新聞

矯正歯科

矯正歯科

矯正治療は、永久歯になってからでないと矯正治療が出来ないというように思われている方が少なくないのですが、むしろ、子供の時の方が矯正に適しているのです。
それで、一度診させていただければいいと思います。
子供の時期の方が、将来的に歯を抜いたりすることなく成長にそって歯を動かしていけます。
子供の時の歯は、以前はすきっぱということが常識でした。
子供の時に、歯がきっちりくっついていたらもう間違い無く大人になった時は歯並びはガタガタになる可能性があるんです。そういう意味では、早めに一度診せていただければと思います。
乳歯の時にすきっぱでなければ歯並びは悪くなる可能性が高いのです。

矯正中の注意事項

小児矯正でも成人矯正でも、矯正装置が入ると自宅でのセルフクリーニングだけでは、虫歯、歯肉炎、歯周病のリスクが高くなります。 そのため、月に1度は矯正とは別に虫歯のチェック、歯のクリーニング、PMTC、フッ素塗布をお勧めします。

歯並びが悪いとどうなるの?

  • むし歯や歯ぐきの病気になりやすくなります
    歯が重なっていると歯みがきがしにくく、かみ合っていない歯は汚れがたまりやすくなります。
  • 食べ物がよくかめなくなります
    胃や腸にふたんをかけ、全身に影響します。
    特に成長期のお子さまには影響が大きくなります。
  • 顔の形がゆがみます
    左右が非対称になったり、特に上アゴまたは下アゴが出っぱることがあります。
  • 発音がしにくくなります
    人と話す時に消極的になったりします。
    特に外国語の発音がうまくいかないことがあります。
  • 心理面に影響します
    口元を気にして消極的になったり、内向的になる傾向があります。
  • その他にも
    前歯をぶつけやすい、アゴの関節や顔の筋肉を痛めやすい(顎関節症)、さし歯やその他の治療がしにくくなります。
このページの先頭へ