• ホーム
  • 当院のコンセプト
  • Dr・スタッフ紹介
  • 院内のご紹介
  • アクセス・診療時間

お悩み別メニュー

診療案内

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 訪問歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 歯を失った方へ
  • 矯正歯科

デンタルエステ

STAFF募集

口腔ケア新聞

予防歯科

歯はいつか失い、入れ歯(義歯)になるのが当たり前だと思っていませんか?

実は、毎日のお手入れで予防をしっかりしてムシ歯や歯周病を防ぐことで実際に90歳でも元気にご自分の歯で噛んでいる方もいるのです。
ムシ歯で歯を失う、歯周病で歯を失う、それはムシ歯や歯周病は痛くなってからでは遅いからです。
では一体どうしたら歯を失わずにいつまでもお口の健康を保てるのでしょうか?
それは、『早期発見・早期治療』に他なりません。
予防歯科とは、一生ご自分の歯で噛んでいただくために、痛みなどの自覚症状がなくても定期的にプロによるチェックとクリーニングを受けることにより、ムシ歯や歯周病を予防・早期発見し病気が見つかった場合でも最小限の治療ですむようにするという考え方に基づく歯科処置です。

正しい効果的なブラッシング

エピオス(殺菌水)

【エピオス(殺菌水)】
当院ではエピオスという殺菌水を使った歯磨きやうがいを推奨しています!

予防歯科の基本は歯みがきです。
歯を磨いて、お口の中に付着したムシ歯菌やプラーク(歯垢)を落とす事でプラークコントロールを行います。
プラーク(歯垢)とは細菌のかたまりで、ムシ歯や歯周病はプラークによる感染症と言われています。
この細菌は唾液などの体液を栄養にしているため、食事をしなくてもプラークはできてしまいます。 私達が食べたものからは、主に糖を利用するくらいなのです。
プラークはまず歯に付着し、そのプラークが徐々に増えてくると歯と歯肉の間の歯周ポケットといわれる溝に溜まってきます。
歯周ポケットにプラークが溜まってしまうと自分ではなかなか落とせないので、まずは歯につき始めたプラークをしっかり落とす事が大切になってきます。

プラーク(歯垢)の染め出し

プラーク(歯垢)は、歯の色と似た白い色をしており、ちょっと見ただけではきちんと磨けているのかわかりません。
そこで、プラーク(歯垢)を赤く染め、歯の色と区別がつきやすくする方法が「染め出し」です。
染め出しをすることによって、普段プラーク(歯垢)を見落としている所を目で確かめることができ、歯磨きの癖(くせ)がわかります。ぜひ試してみて下さい。

磨き残しのチェックは欠かせません。
染めだしでく染まった所が歯垢(プラーク)の付いている所です。
この赤く染め出されたたところを注意深くブラッシングしてください。

ティーチのお口の健康手帳

ティーチのお口の健康手帳

歯垢の赤い部分をよく磨いてね!
このページの先頭へ

定期健診

検診のお知らせ

当クリニックでは健康な歯を持続するために定期的な検診をお勧めしています。
健康的な自分の歯を持続するためには、定期的に口腔内をクリーニングしたり、早期に虫歯などを発見し治療するなどのケアが必要です。
当クリニックでは定期健診のご案内はがきを患者様に送らせていただいております。

もしお手元に届いた際はぜひご来院下さい。

このページの先頭へ